MENU

AGAが起こる仕組みと母方の遺伝子が高める発症のリスク

薄毛とは世の中の多くの男性を悩ませるもの。その原因の一つとして最近注目を集めているのがAGAであり、別名で男性型脱毛症と呼ばれるこの症状にかかると頭皮をいくら綺麗に洗浄したりマッサージを行ったりしても改善される余地はありません。そのため専門的な治療を行ってAGAを根源から改善することが求められます。
このAGAは男性ホルモンと5αリダクターゼという物質が反応してDHTという特殊な物質を作りだし、毛乳頭がこれらを感知するとすぐに毛母細胞の細胞分裂をストップさせる指令を出し、頭髪を退行期から休止期へと移行させていくのです。

 

このようにしてヘアサイクルが大幅に乱れた頭髪はその後、毛穴から徐々に抜けて失われ、いつしか地肌が見えるほどの薄毛となってしまうのです。

 

最近の専門的な調査では、このAGAを引き起こす原因の一つは遺伝にあることも判明しています。

 

薄毛の被験者の家系を調べると主に母方の遺伝子に異常が見られたのです。そもそも男性が持つ遺伝子はXYから成り、この中のX遺伝子は母方から譲り受けています。

 

ここにDHTを素早く感知して頭髪の成長をストップさせる指令を出す遺伝子が組み込まれており、これらが機能し始めることでAGAを発症し薄毛を悪化させていくのです。

 

もちろん、この遺伝子は男性ホルモンと酵素が反応してDHTが出される時に反応するものであり、母親が持っていても女性ホルモンの方が多いためAGAにはなりません。むしろ母の兄弟や母方の祖父などにその影響は現れ、もしもそれらの人に薄毛がいれば、本人も発症するリスクが高まるでしょう。